直線上に配置


海外での準備

自分の場合は3年半海外に居た為、日本に居て個人で輸入する場合や旅行の帰りに持って帰って来る場合と少し状況は異なります。但し、一番違うのは日本での通関のみで、他はほぼ同じでは無いかと思います。

ー屬旅愼
すみません。自分の場合は海外在住中に日常の足用に買って乗っていた車を輸入しましたので、全然参考になりませんね(笑
旅行に云ったレベルではどうなのでしょうか?ナンバーを取る必要も無いので特には問題は無と思いますが、廃車証や購入時のオフィシャルな領収書は必要になって来ると思います。要は通関の際に盗難車で無い事の確認はされるでしょうし、またどのくらいの価値の車かを明らかにする必要があります。これに拠り通関費が変わってきます。
また当たり前の事ですが、廃車証、もしくは車検証等と車の刻印が違ってるとあとで(日本で)大変な事になります。要は車検が取れない可能性が出て来ます。この辺りはきちんとチェックを入れる必要があります。

⇒⊇仗柔
車を持ち帰る場合は当然輸出となリますので申請が必要です。この為、まず通関業者を探す必要があります。もちろん語学に堪能、且つ十二分に時間がある場合は御自分でやられても何ら問題はありません。自分には出来ませんが、、、、と言うより通関業者と話をするのも結構大変でした。何せ自分は輸入関連の専門用語はさっぱりですし、おまけにスペイン語ですので、、、、何度も電話をしたり、直接事務書に行って確認しました。それでもかなり不安は残りました。

各国で違うとは思いますが、必要になったものは
1;車検証
2;購入時の契約書(オフィシャルな領収書)
3;委任状(通関)
のみです。

H遜
1)手続き(shipping order
ここまで来て漸く搬送の手続きが始められます。まず船会社に船を頼む必要が出てきます。自分の場合は通関屋に教えて貰いました。また殆どは通関屋が手配をしてくれました。但し船の出航日は自分で決める必要があります。海外に滞在中に車だけが日本に着いてしまうと大変ですから、、、、あと、何処の港に着けるかと云うのも当然決めておかなければなりません。

2)車渡し・コンテナ詰め
一通り完了すると、自分で運送業者に渡す必要があります。自分の場合は直接コンテナに入れて扉を閉じてきました。メキシコの事なので、何をしでかすか分かりませんから(笑
最後にコンテナを閉めると樹脂バンドの封印をします。これが切れていれば誰かが開けたと云う事で運送屋が責任を負う事になります。
自分の場合は港まで距離があった為(約600キロ)、陸送も含めて頼みました。運送屋の話だと船はそんなに揺れないから問題ないけど、陸送は結構はねるのでコンテナの中の車も少し心配と言っていました。実は通常車を運ぶ時は通常の2倍の大きさのコンテナを1本使ってロープで前後に引っ張り固定する様なのですが、自分の場合はそんなに大きな車でも無く、金額も大きく異なる為通常サイズのコンテナで送りました。車の固定を見てると確かに心配になりましたが、、、、後は祈るのみです。
ちなみに国に拠っては消火器が標準で付いていますが、これだけは念の為に外しておいた方が良いです。消火器が日本の通関時に見つかると本人立会いで滅却処分される筈です。おまけに書類を一杯書かされて、、、、自分は経験していませんが、くわばらくわばらです。あとはガソリンを抜かなければならないと云う話も聞いていましたが、自分の場合は全く関係ありませんでしたガソリンが安い国なら満タンにしておいても良いかも、、、、でも安全の為には少ない方が良いでしょうね。コンテナの中は相当な温度まで上がりますので、キャニスター等より出て来た揮発ガスに何かの火種が引火しないとも限りません。

(この吊り下げられているコンテナの中に自分で押し込んだセントラが入っています)

3)BILL OF LANDING(BL)受け取り
BILL OF LANDING(通称BL)と云う書類があります。これは船が出た後に、何と云う船に乗ったか、何日に日本の港に着くか、輸送金額等々が載っています。この紙を日本の船会社に渡さなければなりませんので、大事に取っておく必要があります。自分の場合はBILL OF LANDINGが発行される時は、丁度日本への飛行機の中であった為、あらかじめ日本のホテルにFAX送ってもらう様手配しておきました。要は、別に原紙で無くてもFAXで十分に機能します。

4)別送品申告書提出
日本に着いたら別送品申告書と云う紙を通関の場所で渡す必要があります。この紙は機内で頼むと貰えます。これは後日、車が届いた後、通関を行なう際に必要となリます。


ここまでが海外でやった事の概要です。当然始めての事でしたし、実はコンテナを見送ったのはメキシコを離れる数日前までズレ込んでしまったり、仕事や引越し準備も異常に忙しく、こればかりにも時間を費やせ無かったと云う事もあり、兎に角大変でした。
心配事は日本に無事に船が着くか、コンテナの中で車が動いていないかと云う事でした。日本に無事着いてしまえばあとはこっちのもんだとタカをくくっていましたが、まさかメキシコよりややこしいとは、、、、


back


直線上に配置